2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.03.06 (Tue)

病棟ナースの1日☆夜勤編☆

 以前に『日勤編』を書いたままになっていたので、今回は『夜勤編』をまとめておこうと思います。

あたしが勤務している病院は2交替です。
夜勤は16時30分から翌日の9時30分までの16時間勤務です。

16:00 病棟へ入る&情報収集
   夜勤はナース3人でやります。
   日勤に比べるとスタッフは一気に減ります。
   そのため、ナース一人の受け持ち患者数は激増。
   大体、14~15人くらいです。   

16:30 申し送り   
   全体の送りのあと、各チームで申し送りがあります。

17:00 検温&状態把握
   患者さんの部屋をまわっって、全身状態の観察や点滴やその他の
   チューブ等の確認をします。

18:00 夕食 配膳&配薬
   配膳や食事介助、与薬にまわります。
   介助が必要な患者さんが多い時は、ホントに猫の手も借りたい
   くらいです
   でも、高齢者は誤嚥しやすいので急いではダメです。
   自分で食べていて窒息する人もいるので、
   食事も結構危険なことです。

18:30 片付け&口腔ケア
   ややマニアックですが、あたし、総入れ歯を洗うのが好きです。
   入れ歯だと取り出せるので、自分の歯磨きでは見えない奥の隅々
   までよ~く見て磨けるでしょ

19:00 部屋まわり&交替でナースの食事
   夕食前にできなかった処置などの続きをやります。

19:30 就寝前薬の準備&時間指定の点滴の準備

20:00 オムツ交換・体位変換&就寝前薬の与薬

21:00 消灯
   病院の消灯は、早いですよ~
   よく若い方からは「こんな時間に寝たことないよ~」
   言われますが。寝てください

21:00~記録
   カルテなどに患者さんの状態を記入していきます。
   夜勤では受け持ち患者数も多いので、結構大変です。
   そして、あまり知られていないかもしれませんが、
   ナースは書き仕事&事務的なこともかなり多いのです。
   それに費やす時間は相当あります。
   その時間を患者さんのケアに使えたらどんなにいいかと
   よく思います。

   記録をしながらも、耳は澄ましています。
   「カタン」という物音でもしたら、「誰かが動きだしたかなぁ」
   と心配になりしょっちゅう巡視に行きます。
   夜は魔物が降りてきますので。。。
   不穏者や豹変者が続出します。
   転倒&転落注意!!です。

23:00 交替でナース仮眠&点滴準備
   落ち着いている夜ならば、この時間から一人2時間づつの仮眠が
   できます。
   23時~1時
   1時~3時
   3時~5時
というように。

24:00 巡視&臨検&オムツ交換・体位変換
   持続で点滴をしている場合、この時間の交換も多いです。

1:00 記録など 

3:00 巡視&オムツ交換・体位変換
   その後落ち着いていれば、ちょっと休憩しながら普段忙しくて
   できないこと(勉強・読書・書類作成・おしゃべりなど)
   をそれぞれしながら過ごすこともあります。
   あたしは、もっぱらおしゃべりしてますけど
   普段コワイ先輩とも一対一だと打ち解けられたりするんですよ。

4:00 朝の処置の準備
   朝は大忙しなので、この時間のうちにできることは準備して
   おくのです。

5:00 ナースの腹ごしらえ
   『腹が減っては戦はできず』です。
   ホントに朝は戦場のようになりますから

5:30 オムツ交換・体位変換&排液チェック
   蓄尿や膀胱カテーテルが入っている人の尿量の確認、
   術後の出血の1日量の確認などもします。

6:00 検温
   患者さんの1日の始まりです
   消灯が早い分、朝も早いですよ。

   その間に採血などもあります。

7:00 記録
   朝の分のカルテへの記録をします。
   でも、検温や処置に追われ、なかなか書けません。

7:30 血糖測定&インシュリン注射
   各食前に行っていますが、朝は夜勤ナースの仕事です。
   (夕の分は日勤者や遅番がやります)

8:00 朝食 配膳&配薬
   介助が必要な方が多いと、申し送りまでに食事介助が
   終わりませ~ん!

8:30 申し送り
   あわただしい中、始まります。
   やっと終わりが見えてきたぁ

9:00 残りのお仕事
   申し送りが終わっても、まだまだ記録というものが
   残っています。
   救急や急変などが相次ぎ、休憩がとれなかった夜だと、
   もう字がヘナヘナしてみみずのようになってしまいます

9:30 業務終了
   順調にいけばやっと、帰れます。
   でも、なかなか帰れませんが。


以上、夜勤の流れでした。
もちろん、人間相手の仕事なのでいつ何が起きるかわかりません。
ココに書いた通りにいかないこともよくあります。

落ち着いていれば仮眠もとれますが、
やっぱり仕事中なので、ほとんど横になる程度で、眠れません。

あたしは、年々夜勤が辛くなってきてます。
20台前半の頃は、夜勤後そのままスノーボードとかにも行っていたのに、
今はそんな力は微塵も残りません

『夜勤の仕事をしていると寿命が縮まる』と聞いたことがあります。
確かにそんな気がします。
人間は夜に眠る事が大切だと、身をもって感じています。


☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

テーマ : ★仕事★ - ジャンル : 結婚・家庭生活

19:31  |  ナースのお仕事  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

★コメントありがとう★

★ひーやんさんへ
そうですね。。。
辞めたい気持ちが強くなっていたものの、
本当にもうすぐ辞めることになるとちょっぴり寂しい気もします。
送別会をしてくれる日にちとかも決まって、だんだん現実感が出てきました。
でも、これからはのんびりライフを満喫したいです(^-^)


★やまうにさんへ
絶対に不規則な生活は体に悪いですよね!
ホルモン異常になってしまうのもわかります。寿命が縮まるくらいですから(^^;)
仕事辞めたら規則正しい生活ができるでしょうか?
それもちょっと不安です。
意思の弱いあたしは、逆にダラダラ生活に陥りそうな気も。。。


★ゆかさんへ
そうそう。愚痴を言いながらもこの仕事をずっと続けてきちゃいました。
あたしは一休みに入っちゃいますが。。。
あたしは3交替もやったことがありますが、
勤務と勤務の間がゆっくりできるのは2交替。
夜勤の時間が短くて体がラクなのは3交替ですかね。
どっちにも長所・短所がありますね。
ゆかさんは、これからは体が大切です。
絶対にムリをしないようにしてくださいね!
ふたば☆ |  2007.03.11(日) 15:57 | URL |  【編集】

2交替だと、こんな風になるのですね。
うちは3交替ですが、どうやら2交替になるみたいです。うちも不穏など多いので、16時間も耐えられるのか…と心配ですが、日勤深夜に比べると、身体は楽なのかなぁと思いました。日勤も帰りが遅いし、帰宅してから無理やり寝ようと思ってもナカナカ眠れません。私も、夜働いてると、寿命が縮まるってよくわかります。だって、体が辛いですもの。でも、なぜかこの仕事辞められないんですよね…。気がついたらもうすぐ9年目。早いですね(笑)
ゆか |  2007.03.11(日) 13:53 | URL |  【編集】

夜勤、あたしもかなり苦痛でした(;;)
多分、ホルモン値が異常になったのは不規則な生活が大きく影響してると思います。
あたしは12時間しかないけど、16時間なんて、本当に重労働ですね(;;)
体調崩さないように、充分注意してくださいね!
やまうに |  2007.03.11(日) 00:03 | URL |  【編集】

ふたば☆さん、こんばんは^^
改めて、ナースって大変なお仕事なんだなぁって認識しました。
日勤だけでも大変なのに、夜勤となると本当にハードなんですね。
常に気を抜けないお仕事だから、ストレスも貯まるでしょうね。
でも、そんなお仕事を大好きと言えるふたば☆さんは素敵だなって思いました。
3月に入って、もう少しで退職ですね。
寂しくなるでしょうが、しばらくはのんびり羽をのばしてくださいね。
本当に毎日、お仕事お疲れ様です(^▽^)/
ひーやん |  2007.03.10(土) 00:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://futabatohana.blog74.fc2.com/tb.php/72-e087fc8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。