2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.20 (Wed)

出産までの経過④やっと会えたね

9時30分。

助産師さんにより破水させる。

陣痛の波に合わせて、いきみ始める。

何回かいきむもまだ出てきません。

子宮口はまだ9センチ位で全開にはなっていない、ということでした。

『それでも大丈夫だから、しっかりおしりの方に力を入れていきんで!顔でいきんじゃダメだよ。』
と言われ、何回もいきみました。

でも、陣痛の波やいきみたい感じはわかるのだけど、麻酔も効いているので、おしりの方にちゃんと力が入っているのかは自分でもよくわからない感じでした。

いきみ許可が出たころには、ダーリンや両親に助産師さんから
『午前中にはうまれそうですよ。』
と説明がいっていました。

しかし、時計はすでに12時30分。

しかもその間に、右の背中に激痛がおきていました。

そこは麻酔をたしていってもまったく効きません。

場所もだいぶ上だし、どうやら腎臓らしい。。。。

切迫早産で入院中の時の悪夢の再来でした。

よりによってこんな時に(涙)

あたしを襲っていたのは陣痛と腎臓のダブルの激痛でした。トホホ。。。

そして、まだ赤ちゃんが下りて来ないということで、一度いきみをやめて様子をみることになり、陣痛室へ移動しました。

麻酔が切れてくると、足してくれるので陣痛は我慢できるくらいでした。
しかし、背中(腎臓)の痛みには麻酔は効かないので、陣痛よりひどいくらいでした(涙)

狭い部屋の中で、いろんなモニターの機械音が大きく響き、それをずっと聞きながら激痛に耐えていると、本当に頭がおかしくなりそうでした。

おまけに、陣痛のためにした麻酔のせいで、下半身が自分では動かせず、背中の激痛で体を動かしたいのにできないことが、余計に辛く感じました。

もう本当におかしくなりそうになった頃、ようやく背中の痛みに対して鎮痛剤を注射してもらえました。

その頃にはいきみたくなると、お股に何かはさまっているような感じがしてきて、赤ちゃんが下りてきたのが何となくわかりました。

16時30分。

再び分娩室へ。

『赤ちゃんはもう下りてきてますね。髪の毛が見えますよ。』
と助産師さんに言われました。

そして、
『ほら、ご主人、こっちに来て見てみてください。』と助産師さん。

ちょ、ちょっと待って!!そっちを見せるの!?

立ち会い出産だけど、さすがに下の方をダーリンに見せるのは抵抗があります。
ダーリンに、『ダメ!』と合図を送って止めたのだけど助産師さんが何度もダーリンを呼ぶので、結局、見られてしまいました。

あたしのアソコから赤ちゃんの髪の毛が出ているすごい光景を。。。

今後の夫婦生活に支障があったらこのときの助産師さんを恨みます(苦笑)

そんなこともありながら、また陣痛に合わせて何度もいきみました。

子宮口は全開大。

それでも出てきません。

17時。

『赤ちゃんはずっと同じところにはさまっているから頭にコブが出来始めています。まだ大丈夫だけど、このままだと急に具合が悪くなることもあるので、吸引して早く出しましょう。』

そう言われ、一気に分娩室が慌ただしくなり、あたしも不安になりました。

赤ちゃん、頑張って!!
神様、どうか赤ちゃんを守ってください。

それだけを考えていました。

そして、先生が来てすぐに吸引分娩が始まりました。

陣痛の波に合わせてあたしもいきみ、それと同時に先生も吸引器で引っ張ります。

1回目、失敗。

そして2回目、ニュルン!!と赤ちゃんが出たのがわかりました。

17時10分。

ついに赤ちゃんが誕生しました☆

『ホギャー!』とすぐに泣きました。

それでも心配で心配で、自分の処置をされながらも、ずっと赤ちゃんをダーリンと見てました。

『お疲れさま。』
とダーリンが言ってくれました。

このとき、産まれた瞬間は心配で感動する余裕もなく、涙も出ませんでした。

でもひと通りの赤ちゃんの処置が済んで、あたしの胸に乗せてくれた時に、赤ちゃんの肌と温かい体温を感じて、『やっと会えた!』と思ったら泣けてきました。

『よく頑張ってくれたね。産まれてきてくれてありがとう。』

赤ちゃんに最初に言った言葉です。

ぴったりとほっぺをあたしの胸にくっつけて、目をパッチリ開いていた赤ちゃん。

このときの感動は一生忘れないと思います。

長い陣痛やトラブルがあって苦しい出産だったけど、赤ちゃんの顔を見た瞬間に辛さは全部吹き飛んでしまいました。

無事に元気な赤ちゃんが産まれてきてくれて、支えてくれたたくさんの人に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございます。


☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんに会えるまで・・・ - ジャンル : 結婚・家庭生活

15:39  |  出産  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。