2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.02.17 (Sun)

出産までの経過②長すぎる陣痛

入院してからも、陣痛の間隔は10分間隔がしばーらく続きました。

でもまだ余裕があって、偶然にも隣の部屋に母親学級でお友達になった人がいたので、陣痛中は『あいたたた。。。』なんて言いながらもおしゃべりしてました(^∇^)

その人は数日前にお産を終えていてもう退院日だったのだけど、かなりの難産でした。

そして、その後自分が似たような経過をたどるなんて!!

午後になっても相変わらず陣痛の間隔は縮まらず、時には
『ん!?何だか朝のほうが痛みが強かったなぁ。』
なんて思うくらいでした。

夕方の先生の診察でも、子宮口の開きは2センチ位で朝とほとんど変わらず。。。

『このまま様子をみて、変わらないようだったら明日の朝から陣痛をつけましょう。』
と先生に言われました。

結局、誘発になっちゃうのかぁ・・・と思いながらもしかたないかと落ち着いていました。

しかし、20時頃から痛みが強さを増してきました。

本当に腰が砕けそうな痛みで、仙骨部のあたりをグイグイと押してもらわないと耐えられない感じに。

あたしの口数も減っていきました。
でもまだ間隔は10分~8分位の陣痛。

ダーリンは立ち会い出産する予定だったので泊まって付き添ってくれました。
そしてこの頃から、ダーリンの苦労も始まりました(苦笑)

NSTでもまた波が強くなってきていました。

看護師さんに
『いきみたい感じが出てきたらまた教えてね。』
と言われ、部屋で様子をみることに。

日付が変わって、2月13日。

0時頃から、間隔が7分~5分になってきました。

痛みもどんどん強くなって、
『痛い。痛い。腰押して!』
しか言えなくなってきました。

でもまだ理性は残っていました(苦笑)
夜中だから隣の部屋の人に迷惑かけないように、小声でうめいていました。

1時30分、陣痛がきっちり5分間隔に。

でもまだ、いきみたい感じはなかったので、ただただ痛みに耐えていました。

耐え続けて約3時間!
痛みはもうかなりのものに!!
『痛い!!!』と言う声も隣の患者さんのことなんか考えられなくなってきました。
それなのに、間隔は相変わらず5分から縮まらず…

10分間隔の陣痛がきてからは、すでに24時間以上経過!!

もう一体どうしたらいいの?と思ってナースコール。

診察してもらうと、
子宮口は7センチ位開いてきていました。

『よくここまで部屋で我慢してたね。頑張ったね。もう分娩室にいきましょう。』
と言われ、陣痛の波で動けなくなりながらも何とか移動。

5時30分頃、分娩台に。

やっと先が見えてきた!!
かのように思いましたが甘かったです(涙)
スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんに会えるまで・・・ - ジャンル : 結婚・家庭生活

17:34  |  出産  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。