2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.05.15 (Tue)

爽やかな休日♪

 【周期31日目 37.05℃】
 【周期32日目 36.95℃】
 【周期33日目 37.05℃】
 【周期34日目 36.90℃】


 まだリセットしていません。
お腹の感じではもっと早くリセットになるのではないかと思っていたのですが、やっぱり薬の効果はちゃんとあるんだなぁと思いました。
いつもプラノバールを飲み終わってから5日後にリセットするので、今回もきっとそうなんでしょう。
予定だと明日です。
そうしたら、移植に向けてまた通院が始まります。
頑張ろう。


この前の週末は、ダーリンの両親とそのテニス仲間に混ぜてもらって、一泊で軽井沢に行ってきました。
あたしとダーリンは行く予定はなかったのですが、急に2人キャンセルが出たとのことで誘われて、参加させてもらいました。
お天気もよくて、山の緑がとってもキレイでした
あたしはこの時期がすごく好きです。
爽やかな気候と新しい葉っぱがきらきら輝いていて、それを見ているだけで幸せな気持ちになります

1日目はみんなでテニスをしました。
あたしは学生時代はずっとテニスをしていたのですが、最近はほとんどやっていません。
それなので、最初はサーブも全く入らずボロボロでした
テニスの経験がほとんどないダーリンのほうが上手なくらいで、あたしの学生時代の練習は何だったのだろうかぁ。。。とちょっぴりさみしくもなったりして。。。
やっぱり男性は体力と運動神経である程度はこなせちゃうのですね。

でも!
途中からはあたしも調子が戻り、名誉挽回できました!へへへっ

それに、ダーリンの両親たち。
上手だったな
やっぱり毎週やっている人たちは違いますね。
その人たちは40代後半から60代くらいの年齢なんだけど、タフです。
あたしのほうがよっぽど体力がありませんでした。。。

夜はお酒を飲んで、お義父さんが酔っ払って
「この人たちはね、オレの宝なんだよ。」
とあたしに言っていました。

とってもステキだなぁと思いました。
その仲間の人たちもみんなよい人でしたが、そういう人たちに慕われているダーリンの両親がステキだと思いました。

あたしも、自分の地元には昔からの大切な友達はいるけど、ダーリンの地元に来てからはまだそこまでの「仲間」は作れていないな。
いつかはこっちでも「あたしの宝だよ」ってお義父さんのように言えるような関係が築けるといいな。

2日目は、あたしたちは別行動させてもらって、ドライブしながら白糸の滝を観て、その後はアウトレットでショッピングを楽しみました。

ダーリンのもあたしのもいろいろ買ったのだけど、アウトレット価格なのでお徳に買物ができた気分です
ああいうところに行くと、ついついたくさん買ってしまうんだよね。。。
でも、今回はいい買物ができたと思うのでよかったかな

ゴールデンウィークはほとんど出かけられなかったので、楽しい週末になってよかったです。



☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆

スポンサーサイト

テーマ : 楽しい休日 - ジャンル : 結婚・家庭生活

12:20  |  旅日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.09 (Mon)

★タイ旅行~5日目~★

 【5日目の行動】
 アユタヤ・世界遺産観光
 象に乗る
 ショッピング
 日本へ出発

       バンコク発 23:00  成田着 07:20(日本時間)

タイ旅行、実質最終日です。
帰国の飛行機は23時発だったので、夜までめいいっぱい遊びましたが

でも、飛行機の時間は気になるので、時間をムダなく有効に使うために
最終日にして初めてオプショナルツアーに入りました。

それがアユタヤ観光です。
 バーン・パイン離宮
bangpain.jpg

広大で、きれいなところでした。

 日本人町跡
budu_doll.jpg

そこにあったお店で買ってしまいました。
出回っている偽物ではなく、ちゃんと寺院でお祈りされた身代わり人形(お守り)だと言っていました。

 ワット・プラ・ラーム
wat_phararam.jpg

wat_phararam02.jpg



 ワット・プラ・マハータート
wat_phramahathat.jpg

ビルマ軍に頭部を落とされてしまった仏像の頭部が、長い年月の間に木の根に取り込まれて、とても神秘的な感じでした。

 ワット・プラ・シー・サンペット
wat_phrasrisanphet.jpg

3人の王の遺骨が納められているそうです。

 象乗り体験
たくさんの象が並んでいました。
象使いが象の頭に乗っていて、あたしたちはその背中につけてある椅子に座りました。
歩くたびに結構揺れました。乗るのは短時間で十分満足です。。。
象はおとなしくてかわいかったです。


アユタヤの遺跡はビルマ軍に破壊されずに状態のよいまま残っていたら、きっとアンコール・ワットのようにもっと壮大だったのだろうと思います。
昔の人が、あんなに壮大な建物をつくったことを考えると、とても感動してしまいました
だから、破壊されてしまっていることが残念でなりません


今回は海外旅行恒例の免税店ショッピングはしませんでした。
いつもは、ブランド店をわたり歩き、ここぞとばかりに買ってしまうのですが、今回は自粛です。。。
これから、無収入になるところへ治療費も高額にかかることがわかっているので海外旅行にいく時点で今のふたば家には贅沢なんですもの。。
それに欲しいものも特には無かったし。(なんて強がり言ってみたりして。。。

そのかわり、街をふらふら歩いて見つけた小さいかわいいショップでおみやげを(もちろん自分用も)買ってきました


タイはダーリンがとってもいいところだよとずっと言っていた国だったので、やっと一緒に行けてよかったです
ダーリンの言うとおりでした。
危険な所があったり、良い人もいれば悪い人もいるけど、それはどの国も一緒ですよね。
あたしたちは、今回現地の人の温かさにたくさん助けられました。
おかげで、またステキな思い出がたくさんできてよかったです

やっぱり異文化に触れると、日本のいいところや悪いところをあらためて感じることができますね。
もっと、自分の国のことを知って、他の国の言葉も話せるようになって
いつか外国の友達ができたらいいなぁ。
それが夢(目標)の1つです


☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆

テーマ : 日記 - ジャンル : 結婚・家庭生活

18:16  |  旅日記  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.06 (Fri)

★タイ旅行~4日目~★

 【4日目の行動】
am
 ワット・サケット
 ワット・プラケオ
 ワット・ポー
 ワット・アルン

pm
 サヤーム・スクエアでお買物
 フットマッサージ


「ワット」という言葉は「寺院」という意味があるそうです。
だから「ワット」だらけになってしまいました。

いつものように、電車で最寄の駅まで行きました。
今回の旅行はほとんどオプショナルツアーにも入らず、自分たちで気ままにまわってきました。

そして、さすが名所の観光地。
ぼったくりタクシートゥクトゥクの勧誘の嵐です

ホテル周辺で乗るタクシーは普通に走っているのを自分たちで拾うし、向こうも観光客目当てで走ってないのであまりぼったくりはなさそうな感じでした。

しかし、こうゆうところは明らかに観光客目当てで声をかけてくるし、いんちきそうな感じ。

でもそうわかっている上で、あえてトゥクトゥクに乗ってみました

twukutwuku.jpg


もちろん料金は乗る前にちゃんと交渉したけど。
最初は80バーツなんていうとんでもない金額を言ってくるの。
タクシーの初乗りは35バーツくらいですから。
タクシーより乗り心地の悪いものが、倍以上の料金のはずがないでしょ!!
で、交渉開始
観光でもあるから、35とまでは言わないけど、40バーツで押し通しました。
最初の2台は交渉決裂
あっちも、観光客がお金を持っていてそのまま払ってしまう人もいると知っているうから、うるさい客はいらないのでしょう。
こっちもいくらでもトゥクトゥクは通っているから、高額から譲らない運転手は却下でいいのです。
そして3台目。
向こうがダーリンの強気に負けて、40バーツでワット・サケットまで乗せてもらいました。
でも、交渉もあまり強気にいきすぎて、トラブルになっても怖いから気をつけつつ楽しんだほうがいいと思います。

乗り心地はというと、やっぱりそんなにいいものではなかったです。
とにかく道路に充満している排気ガスをもろに吸っている感じ。
それに運転は荒いからドキドキしてました。
こんな乗り物もあるんだぁっていう思い出づくりに1度くらい乗るにはいいかもしれないけど。

ワット・サケットは黄金の大仏塔で有名な寺院です。
その頂上までらせん状に階段が続き、参拝人は回廊の鐘を鳴らしながら上り下りします。

wat_saket01.jpg

wat_saket02.jpg

wat_saket03.jpg



ワット・プラケオは本堂にエメラルド色の仏像を祀ってあることから、エメラルド寺院とも呼ばれています。

wat_phrakaeo01.jpg

wat_phrakaeo02.jpg



ワット・ポーは大寝釈迦仏が有名な寺院です。
この大大仏は全長が46m・高さ15mもあるそうです。
迫力がありました。

wat_pho01.jpg

wat_pho02.jpg


またしても、現地の人のマネをしてきました。
50個くらいの壷(?)がずらりと並んでいて、それに小銭(サタン)を順番に次から次に入れて歩くのです。
「徳を積むため」だと思います。たぶん。。。
サタンはバーツよりも小さい単位です。
日本だと「円」より小さい「銭」とかだと思います。


ワット・アルンには船に乗って行きました。
片道2バーツ(約8円)で行けるくらいの距離です。
。。。わからないですね
岸から目の前に見えます。

wat_arun.jpg


そうそう、ガイドブックに載っている手口の詐欺も根強く行われているようでした。
その方法は、目的の寺院に向かって歩いていると、
「ワット・ポーに行くの?残念だねぇ。あそこは今、昼休み中だから開くのは3時からだよ。」と、
露店のおじさんに言われました。
そして、それでも向かっていくと、今度はトゥクトゥクの運転手に同じことを言われました。
あたしたちは、その手口を知っていたのでもちろん無視しましたが、別の人たちに行く先々で言われると、信じてしまうそうです。
でも、みんなグルなんですけど。。。
そして信じてしまうと、トゥクトゥクの運転手に、
「じゃあ、開くまでの時間に別のところを案内するよ。」
と誘われ、宝石店などに連れて行かれるのです。
そして、そこでも
「タイは質の良い原石が採れるから、これを日本に帰って売ると高額で買い取ってもらえて得するよ。今日ここにこれてラッキーだよ。」
と石をうまい言葉で売られるんです。
その言葉がとても自然で巧みなようです。
そこでも、宝石店とは関係ないような現地の人に、
「あそこに行ったの?今日行けたのはあなたはラッキーだったね。」
などと言われ、ますます信じて疑う気持ちも薄れてしまうのです。
そして、10万円くらいで買った石を、日本に帰って宝石店に売ろうとすると何の価値もないただの石だと言われてしまうのです。
もちろん買い取ってなどもらえません。
泣き寝入りするだけです

なんとこれは、実際にあった話です。
あたしの男友達が、以前タイに行きひっかかってしまいました。
まったくぅ、おバカさんなんだから。。。
人を信じるキレイな心の持ち主なのですがね。。。。

おかげさまで、あたしたちはそれを教訓にだまされることはなかったですが
もし、これからタイに行く予定がある方は気をつけてください。
これはガイドブックにも載っている手口なんだから、読んでいけばわかりそうなことですけど。。。
友達は、読んでもいなかったようですので。

午後に行った、サヤーム・スクエアはデパートやホテルなどがたくさんあって、都会的な感じです。
あたしたちは、シルバーアクセサリーのお店で、タイ文字のペンダントや両親へのおみやげなどを買いました。

フット・マッサージは、本に載っていた有名店に行こうと思っていました。でも、予約制のようだったので、勇気を出して電話をしてみました。
しかし、日本語の話せるスタッフはいないと言われ、何とか英語で予約ができそうなところまでいきました。
ところが、突然途中からタイ語でベラベラっと話されてしまい、向こうが何を言っているのか全くわからなくなってしまい、自分がとろうとしていた予約もとれているのか確認のしようがなくなってしまいました。
相手も、英語がカタコトだったようで、あたしもカタコトなのでその先の会話が成立せず、断念。。。。
結局、普通に歩いていて見つけたところに行きました。
でも、そこも清潔感があって雰囲気もよく、マッサージも気持ちよかったのでよかったです

やっぱり、電話のように声だけのコミュニケーションはちゃんと言葉が話せないと難しいですね
顔を合わせていれば、表情やジェスチャーや文字を見せて何とかなるものだけど、電話はムリでした。
あ~~、英語ぺらぺらになりたいよぉ。。。
きっと、もっともっと世界が広がるだろうなぁ


☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆




テーマ : 日記 - ジャンル : 結婚・家庭生活

22:47  |  旅日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.06 (Fri)

★タイ旅行~3日目~★

 【3日目の行動】
 フューチャーパークランシット
 タイスキを食す
 タイ古式マッサージに挑戦


知人に案内してもらい、車(ベンツ)でタイで一番大きなショッピングモール(フューチャーパークランシット)に連れていってもらいました。
特に何を買うでもないけど、ぶらぶらウィンドウショッピング
何だかを売っている店がとっても多かったです。
金が多く採れるのかなぁ??と思いつつ、その金ピカな店たちがずらっと並ぶようすに圧倒されました。

お昼ごはんは、タイスキ
タイ風スキヤキのことです。現地では「スキー」と呼ぶようです。
自分たちで好きな具をメニューから選んで注文しました。
すきやきと言うより、しゃぶしゃぶ?
軽く湯に通して、ピリ辛のたれにつけて食べました。
これは、日本人の口にも全然抵抗なく食べられます。
おいしいです

その後、知人一家とお別れ
一緒に過ごすのは短い時間だったけどとっても貴重で楽しい時間でした
お世話になりました。
今度は日本に来るそうなのでまた会えます。


帰りは電車ではなく、バンコクへ直行のマイクロバスに乗って帰りました。
一人25バーツ(約100円)だったと思います。
知人の話だと、電車より車のほうが早いので車のある人はほとんど電車に乗らないそうです
電車で向かった時は1時間、帰りのバスは40分でした
そういえば、電車は予定時間よりかなり遅れていたっけ。
あんまり時間を気にしないようです
(地下鉄・BTSはそうでもないけど、この古い電車のことです。)

そして、タイ古式マッサージへ。
変なところに行っちゃうと無資格者がやっていたりするそうなので、高級ホテルの中にあるところへ行きました。
足湯から始まって、個室での全身マッサージです。
気持ちよかったぁ
最後に大技ブリッジ(笑)をかけられてビックリしたけど、背骨が伸びてスッキリしました。
頭のマッサージもしてくれましたよ。

夜になると、BTSの駅周辺に露店が並び、フリーマーケットみたいで楽しいの
質はそれなりだけど、安くてデザインがかわいいのがあったので、Tシャツ(200バーツ)とかベルト(100バーツ)とかを買っちゃった。

夕食は地元の人がほとんどのフードコートのようなところで食べました。
何だか胃がもたれ気味だったので、あたしはデザートだけにしました。
へへ、甘いもの好きです。。。。
胃がもたれているのに、それも別腹というのかなぁ??

帰りはまたBTSと地下鉄を乗り継いで、
ホテルから最寄の地下鉄の駅からは、タクシーで帰ることが定番となりました。

毎日1日中遊んで、ホテルに着くともうぐったりでした


☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆




テーマ : 日記 - ジャンル : 結婚・家庭生活

18:12  |  旅日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.05 (Thu)

★タイ旅行~2日目~★

 【2日目の行動】
am ワット・トライミット見学
pm 知人のお宅へ訪問&お泊り


ワット・トライミットは、境内のお堂に純度60%の金で鋳造された仏像があります。時価120億円を超えるようです。
その仏像を参拝するのには、20バーツ(約80円)必要でした。

wat_traimit_ticket02.gif


wat_traimit_goldenbuddha.jpg


その反対側には、3体の仏像がありました。
地元の人の様子を観察していると、タイでは、蓮の花&長いお線香3本&ろうそく1本の3点セットで参拝するようでした。
そして、そのセットを買うと金箔がついてきて、仏像の体に貼って拝んでいました
自分の体の治したいところと同じ部位に金箔を貼ると治る、と信じられているようでした。
wat_traimit_goldleafbuddha.jpg


最初、その3点セットで売られていると知らなくて、金箔だけを買いました。仏像の体に貼りたくて。
20バーツでした。
あとで、日を重ねてわかったのですが、3点セットで20バーツくらいだったと思います。
そうです。やっぱりぼったくられちゃいました。
あの時、近くにいた現地のおじさんがあたしと店の人の会話を聞いて変な表情してたんだよなぁ。。。やっぱりそうかと思ったよ。
でも、大きな金額じゃないからまあいいかと思ったけど。
そして、お腹と目に1枚づつ貼りました。(あたし、視力も悪いので。)
あとで、もっとちゃんと貼ればよかったと思ったので、別の寺院に参拝した時には、ちゃんと子宮・左右卵巣の部位に貼って子宝祈願してきました

その後、知人のお宅へ電車で行きました。
バンコクからは1時間くらい北のほう。
今までの地下鉄やBTSとは全然違い、ホントに古い電車
しかも、乗ったのは3等級の車両。
クーラーもなく、窓もギシギシ音がするの
でもって、電車の乗り口にドアがなく車両のはじっこは風がビュンビュン吹いています。あたしはそこに立った時は落ちるんじゃないかとヒヤヒヤしてたけど、地元の人は普通に階段の部分に座っていたよ。

でも、こんな経験も楽しい
ホテルや観光関係の人ではなく、普通の現地の人と話ができるんだもん。
この電車のところでは、どの電車に乗るか迷っていたら話かけてくれた女性がいました。
彼女も英語がかたことだったので、お互いの意思疎通が難しかったけど、丁寧に教えてくれたし、それがまた楽しかったの。
ちなみにあたしは英語はかたことで、タイ語はあいさつくらいしかわかりません
でも、なんとかなるもんです
彼女は日本語もちょっと勉強中なんだって。まだほとんど話せなかったけどね。
だから、日本人のあたしたちを見て話しかけてくれたの。
「どうぞ」の意味を聞かれたんだけど、英語だと「please」でいいんだよね!?

それと、電車の中でも、向かい合わせの席の女の子とちょっぴり話したの。駅のアナウンスがないのでどこの駅に停まったかもわからなくて、教えてもらっていたの。
みんな親切だなぁって思った

お泊りさせてもらった知人のお家は、豪邸でした。
門から玄関まで、80mくらいあるんじゃないかなぁ。
お庭もステキ
池があって、そこに噴水と小さい橋もかかっていました
それと、メイドさんが3人くらいいて、奥さんは家事は何もしないんだって!!そのかわり、しっかり外で旦那さんと働いていますが。
でも、むこうで人を雇うことは贅沢な意味ではなく、現地の人のためでもあるんだとか。。。

知人の子供たちは日本語はしゃべれません。
でも、人なつっこくてずっとあたしたちのそばにくっついていました。
一人は5才くらいなんだけど、ずっとタイ語で話しかけてきます。
何を言っているのか全くわからないけど、たくさん一緒に遊んで仲良くなれました。子供に言葉の壁はないんだなぁと思ったよ

夜は、地元の人でにぎわう広~い野外レストランに連れて行ってもらい、タイ料理をごちそうになりました。
どれもおいしかったんだけど、1つだけムリなものがありました。
名前はわからないけど、とにかく辛いの
あたしはもともと辛いものが苦手。
でも、辛いもの好きのダーリンでさえギブアップしてました。
スプーンにほんの一口食べただけなのに、いつまでたっても口の中が辛い!!
水をのんでも、他の料理を食べてもずっと辛い!
本当にきつかったぁ。。

でも、同じ日本人なのに知人はおいしそうにパクパク食べていました。
スゴーイ!!
もともとタイ料理が好きだったと言っていましたけど。

次の日へつづく。。。


☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆




テーマ : 日記 - ジャンル : 結婚・家庭生活

21:05  |  旅日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。