2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.30 (Tue)

漢方薬局の日★吉祥・南京豆のものがたり★

 漢方薬局デビューから2週間、またその頃に来てくださいと言われていたので行ってきました。

あたしが飲んでる漢方薬
婦宝当帰膠:血行を良くし、貧血・生理痛・冷え性・頭痛・肩こり等に効く。
冠元顆粒:血液をサラサラにし、頭痛・肩こり・めまい・動悸等に効く。


2週間飲み続けた効果は。。。
     

まだハッキリとはわからない。
でも、何となく手足の冷えは軽くなっているような気もしないでもない
暖冬だし、単純にいつもの冬より気温が高いから冷えが軽いだけかなぁ?

でも、もう1つのエピソードとして漢方効果かな?と思うことがあったの。

寒い夜に車にダーリンと乗っている時のこと。
ダーリンは珍しく「寒い寒い」と言って暖房を強くしたがっていたの。
その時あたしは、体も手足も温かくて暖房を切ってもいいくらいだったんだよ
あたしがダーリンより暑がるなんて前代未聞(ちょっと大げさだけど・・・)の出来事だったの
これって漢方の効果かしらん?とか二人で話したんだけど
どうかなぁ?

まだ飲み始めて一月も経たないから、効果もきっとよくわからないんだろうね。
この漢方薬は思っていたよりも飲みやすくて、このあたしが三日坊主にならず毎日ちゃんと続けてこれているので、これからも継続して様子をみたいと思うよ。

あとね、今回漢方薬局に行った時に中国のこんな縁起ものをいただきました。


nankimame.jpg

↑クリックすると大きくなるよ。

吉祥・南京豆のものがたり
中国の昔からの風習に、結婚を迎える男女のために親族がお布団を手作りで用意するということがあり、それを作るのは必ず縁起のよい人・子孫が繁栄し健康で長寿の人でなければならないそうです。
そして掛布団の縁の部分には「栗」「棗(なつめ)」「南京豆」が縫い込まれます。
さらに、結婚前夜には、敷布団の下に「栗」「棗」「南京豆」を差し入れ、新郎は自分の親戚の中から選んだ元気な男の子を連れて寝ます。
新婦も親戚の中から選んだ元気な女の子を連れて寝ます。
「南京豆」を入れるのは、南京豆には実がたくさんなることから、男女ともに子沢山になるようにとの祈りからです。
「棗」「栗」を入れるのは、「棗」「栗」をつなげて読むと中国語の発音で「早立子」という言葉と同じ発音となり、早く子供がたくさん生まれるようにという願いを表現しています。
最近は手作りという風習は段々と稀になってしまったようですが、
新婚部屋に用意される南京豆等は作りものとなりきれいな縁起飾り物になったそうです。
(参考文献:日本中医薬研究会 専任中医学講師 劉伶先生の文章)


これを寝室に飾っておくと良いのだそうです。
ウチの部屋とはちょっと雰囲気が違うのだけど、せっかくいただいた縁起物なので大切に飾っておこうと思うよ

それと、今回はまた生活指導を受けてきたような感じだった。
食事のこと
*生野菜は控える。
*肉や乳製品も控える。
*ネバネバのものは積極的に摂取する。

ということ。
わかってはいるけど、なかなかね。。。

ダイエットのこと
「あなたの標準体重は54kgです。
痩せる必要はないよ。むしろもっと増やしてもいいくらいだよ。」

だって。
そんなぁ。。。
こればっかりは先生の言うことは聞けないよ。
もっと体重を増やすだなんて
これ以上ムチムチになっていいわけがない!
標準体重の設定は重めな気がするのはあたしだけ?
あたしも不健康に痩せるつもりはないからさ、このまま目標に向かって自分なりに頑張ろうと思うよ。
(最近はイベントが多くてちょっと食べすぎちゃってるけど。。。

次回、また2週間後くらいに行く予定です。

☆ランキング参加中です。ポチッとお願いします☆


スポンサーサイト

テーマ : 赤ちゃんに会えるまで・・・ - ジャンル : 結婚・家庭生活

18:50  |  漢方のこと  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.14 (Sun)

漢方薬局デビュー★

 先日、漢方薬局に行ってきたよ。
まえから試してみたいなぁと思っていて、なかなか行動にうつせなかったんだけど、ついに行ってみた。

とりあえず話しを聞いてこようと思って行ったのだけど、さっそく購入してきちゃった^^;;

まずは電話したんだけど、じっくり問診したいからと言われ予約して行くことになったの。
行ってみると感じのいい人だったのでホッとした。
なんだかんだと1時間くらい話をした気がするよ。
いろんなことを聞かれたなぁ。
今までの治療の経過や今後の予定はもちろんだけど、普段の生活のこととかも細かくね。
いつもは仕事で自分が問診する立場なんだけど、質問されるほうも的確に答えるのは大変なんだね。。。

「手足が冷えますか。」・・・「はい」
「めまいや立ちくらみがしますか。」・・・「はい」
こういう質問はいいんだけど、

「のどは渇きますか。」・・・「渇く時もあるけどそうでもないです。」
「眠っている時夢はよくみますか。」・・・「みる時もあるし、みない時もあります。」
「排便は毎日ありますか。」・・・「毎日だったり2~3日空いたり。。」
う~ん、あいまい。。。
こういうのは困ってしまった。自分でもよくわからないんだもん。
普段意識してないからさぁ。。。

難しいねぇ。。。
そして最後に舌を見せてくださいと言われ、べーッ
「質問の結果とふたばさんの目の力や肌や声の様子で判断させていただきました。」
あっ、肌とかもチェックされてたんだぁ。。。
ドキドキ



テーマ : 赤ちゃんに会えるまで・・・ - ジャンル : 結婚・家庭生活

14:42  |  漢方のこと  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。